モバイル版のプレリリース

New!!楽して稼ぐアフィリエイト用テンプレート 「金持ち小父さんの挑戦」 eみせホームドットコム
日本初の簡単に大規模アフィリエイト・オンラインショップをオープンするためのテンプレートのご紹介! 小父さんがインターネットでタダで稼ぐいろんな方法を紹介する。 ネットでホーム日用品をアフィリエイトでご紹介!欲しい商品を楽しくショッピングしてゲットしちゃおう!
こちらも訪問してくださいネm(__)m! Ads by 管理人

「成功の法則」とは?
TopProductsPrice & OrderSupportDownloadQuestionOnline Demo

 

はじめに
 




製品のダウンロード
 





インストール手順
インストールの実行例
 



「Visual Basic 6.0によるデータベースプログラミング」
(価格:\6,300 ISBN:4881357956)
VB+Accessのデータベース連携テクニックから、ADOまで、これ1冊で徹底的に理解できる。



  ダウンロード - インストールの実行例


  • Contacts Office製品 および iContacts for Mobile製品のインストール実行例は、下記のようになります。ct1setup および ct1dbsetup シェルコマンドを実行したときの例を示します。一度、ご覧いただければ、インストール処理の流れがご理解いただけます。
Contacts Office および iContacts for Mobile ソフトウェアのインストールの実行例

Contacts Office製品を、ご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

インストール手順およびインストール実行例を、下記に掲載します。


-------------------------------------------------------------------------

■Contacts Office製品のインストールは、下記のシェルの順で、実行します。
下記のシェルスクリプトは、いずれも、アーカイブを展開した最上位のディレクトリに
同梱されております。

    1. ct1setup   --- Contacts Officeソフトウェア製品のインストール
                  (ただし、root権限で行う)
    2. ct1dbsetup --- 同製品で使用するRDBのスキーマ・ユーザ定義関数などの
                      インストール
                  (ただし、postgres権限で行う)

■iContacts for Mobile製品のインストールは、下記のシェルで、実行します。
ただし、この製品は、Contacts Office EX製品がインストールされている場合に
のみ、ご利用になれます。

    1. ct1setup_i   --- iContacts for Mobileソフトウェア製品のインストール
                  (root権限で行う)

    ・この製品は、contactsディレクトリがあるディレクトリと同じディレクトリに、
      icontactsというディレクトリ下にインストールされます。
    ・このシェルスクリプトファイルは、Contacts Office EX製品のアーカイブのみに
      同梱されています。
    ・この製品は、ご利用になる場合に、必要に応じてインストールしてください。
    ・アンインストールする場合は、icontactsディレクトリ以下を全て削除してください。
      phpスクリプトファイルのみですから、一括削除しても支障はありません。
      (ただし、root権限で行う)

■インストール手順の詳細は、いずれも弊社のHPの下記ページをご覧ください。

        http://www.nqs.co.jp/ct1/download/downloadList.php?Kind=31
	(「ダウンロード」→「インストール手順」のページを参照)



■実際のインストールの実行例は、下記をご参照ください。


*******************************************************************
*
*	ct1setup : Contacts Office のセットアップ例
*
*******************************************************************

# ./ct1setup

日本語で表示されていますか?
Can you read Japanese ? (y/n) :

Contacts Office セットアップ

この度は、Contacts Office をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
先に、ソフトウェア使用許諾契約をお読みくださいますようお願い致します。

--- Enterを押してください ---


========== ドキュメントルートディレクトリの確認 ==========

/usr/local/apache/htdocs

これは、ドキュメントルートディレクトリとして設定されていますか?
Enter: はい / N: 別ディレクトリを入力 / Q: 中止 :


========== Contacts Office のインストールディレクトリの確認 ==========

/usr/local/apache/htdocs

・インストールするサブディレクトリは、この下に「contacts」(固定)という名前で作成します。
・別ディレクトリを入力する場合は、ドキュメントルートディレクトリの配下の
 適切なディレクトリ名をフルパスでを指定してください。

このディレクトリに、インストールするサブディレクトリを作成してもよろしいですか?
Enter: はい / N: 別ディレクトリを入力 / Q: 中止 :


========== Contact Office 製品の選択 ==========

本製品は、 Contacts Office EX です。

[Y]  1. [New] Contacts 電子会議室
[Y]  2. [New] Contacts 予定表
[Y]  3. [New] Contacts 施設予約
[Y]  4. [New] Contacts 伝言板
[Y]  5. [New] Contacts 掲示板
[Y]  6. [New] Contacts 連絡帳
[Y]  7. [New] Contacts お気に入り
[Y]  8. [New] Contacts 行動帳
[Y]  9. [New] Contacts 文書管理
[Y] 10. [New] Contacts 電子メール

・[Y]か[N]の製品番号を選択できます。(インストールを[Y]:する、[N]:しない)
・製品番号を入力することで、[Y]か[N]に交互に切替えることができます。

・[N]とすると、既にインストール済の製品[Old]のスクリプトをそのままお使いいただけます。
(★) ただし、[Y]とすると既存のスクリプトを置き換えます。
   また、既存の添付ファイルは消去されますので、ご注意ください。

インストールする製品番号を入力して、Enterを押してください。
製品番号を1-10で選択 / A:対象製品を全て選択 / Enter:選択終了 / Q:終了 :


========== インストール確認 ==========

本製品は、 Contacts Office EX です。

インストール先ディレクトリ : /usr/local/apache/htdocs/contacts
ドキュメントルートディレクトリ : /usr/local/apache/htdocs

前記の選択した製品をインストールします。

製品のインストールを実行します。よろしいですか?
Y:インストール実行 / N:製品番号の選択に戻る / Q:終了 :


========== Contacts Office インストール開始 ==========

Contacts 共通のファイルをコピーしています...
Contacts 電子会議室のファイルをコピーしています...
Contacts 予定表のファイルをコピーしています...
Contacts 施設予約のファイルをコピーしています...
Contacts 伝言板のファイルをコピーしています...
Contacts 掲示板のファイルをコピーしています...
Contacts 連絡帳のファイルをコピーしています...
Contacts お気に入りのファイルをコピーしています...
Contacts 行動帳のファイルをコピーしています...
Contacts 文書管理のファイルをコピーしています...
Contacts 電子メールのファイルをコピーしています...


========== Contacts Office インストール終了 ==========

--- Enterを押してください ---

最後に、README をお読みくださいますようお願い致します。

--- Enterを押してください ---



★次は、ct1dbsetup (postgres特権)でデータベースのインストールを、お忘れなく行ってください。
 ct1dbsetup での製品の選択は、ここで選択した製品と同じものを指定するようにしてください。





*******************************************************************
*
*	ct1dbsetup : Contacts Office データベースのセットアップ例
*
*******************************************************************

$ ./ct1dbsetup

日本語で表示されていますか?
Can you read Japanese ? (y/n) :


========== データベースのインストール前の確認 ==========

postgres権限でした。(処理を続行)

postmasterが起動していました。(処理を続行)

contacts データベースのnobodyユーザーが登録済でした。(処理を続行)

各製品がインストール済か、調べています...


========== Contacts Officeのインストールディレクトリの確認 ==========

/usr/local/apache/htdocs/contacts

これは、Contacts Officeがインストールされているディレクトリですか?
Enter: はい / N: 別ディレクトリを入力 / Q: 中止 :


========== Contact Office 製品の選択 ==========

本製品は、 Contacts Office EX です。

[Y]  1. [New] Contacts 電子会議室
[Y]  2. [New] Contacts 予定表
[Y]  3. [New] Contacts 施設予約
[Y]  4. [New] Contacts 伝言板
[Y]  5. [New] Contacts 掲示板
[Y]  6. [New] Contacts 連絡帳
[Y]  7. [New] Contacts お気に入り
[Y]  8. [New] Contacts 行動帳
[Y]  9. [New] Contacts 文書管理
[Y] 10. [New] Contacts 電子メール

・[Y]か[N]の製品番号を選択できます。(インストールを[Y]:する、[N]:しない)
・製品番号を入力することで、[Y]か[N]に交互に切替えることができます。

・[N]とすると、既にインストール済の製品[Old]のデータをそのままお使いいただけます。
(★) ただし、[Y]とすると既存のデータが置き換えられて消去されますので、ご注意ください。

インストールする製品番号を入力して、Enterを押してください。
製品番号を1-10で選択 / A:対象製品を全て選択 / Enter:選択終了 / Q:終了 :


========== データベースのインストール確認 ==========

本製品は、 Contacts Office EX です。
Contacts Office のインストール先ディレクトリ : /usr/local/apache/htdocs/contacts

前記の選択した製品をインストールします。

インストール製品のデータベースを作成・実行します。よろしいですか?
Y:インストール実行 / N:製品番号の選択に戻る / Q:終了 :


========== データベースのインストール開始 ==========

Contacts 電子会議室のテーブルを作成しています...
Contacts 予定表のテーブルを作成しています...
Contacts 施設予約のテーブルを作成しています...
Contacts 伝言板のテーブルを作成しています...
Contacts 掲示版のテーブルを作成しています...
Contacts 連絡帳のテーブルを作成しています...
Contacts お気に入りのテーブルを作成しています...
Contacts 行動帳のテーブルを作成しています...
Contacts 文書管理のテーブルを作成しています...
Contacts 電子メールのテーブルを作成しています...

contacts テーブル作成が終了しました。

ユーザー定義関数を登録しています...

ユーザー定義関数のデータベースへの登録が終了しました。

========== データベースのインストール終了 ==========





*******************************************************************
*
*	ct1setup_i : iContacts for Mobile のセットアップ例
*
*******************************************************************

# ./ct1setup_i

日本語で表示されていますか?
Can you read Japanese ? (y/n) :y


========== インストール前の確認 ==========

root権限でした。(処理を続行)

Webサーバー(httpd)のオーナーが、nobodyでした。(処理を続行)


========== ドキュメントルートディレクトリの確認 ==========

/usr/local/apache/htdocs

これは、ドキュメントルートディレクトリとして設定されていますか?
Enter: はい / N: 別ディレクトリを入力 / Q: 中止 :


========== iContacts for Mobile のインストールディレクトリの確認 ==========

/usr/local/apache/htdocs

・インストールするサブディレクトリは、この下に「icontacts」(固定)という名前で作成します。
・別ディレクトリを入力する場合は、ドキュメントルートディレクトリの配下の
 contactsディレクトリが存在するディレクトリ名をフルパスで指定してください。
・contactsディレクトリと同じディレクトリにインストールする必要があります。

このディレクトリに、インストールするサブディレクトリを作成してもよろしいですか?
Enter: はい / N: 別ディレクトリを入力 / Q: 中止 :


========== インストール確認 ==========

インストール先ディレクトリ :
/usr/local/apache/htdocs/icontacts

iContacts for Mobile製品をインストールします。
製品のインストールを実行します。よろしいですか?
Y:インストール実行 / Q:終了 :y


========== iContacts for Mobile インストール開始 ==========

iContacts 共通のファイルをコピーしています...
iContacts 電子会議室のファイルをコピーしています...
iContacts 予定表のファイルをコピーしています...
iContacts 施設予約のファイルをコピーしています...
iContacts 伝言板のファイルをコピーしています...
iContacts 掲示板のファイルをコピーしています...
iContacts 連絡帳のファイルをコピーしています...
iContacts お気に入りのファイルをコピーしています...
iContacts 行動帳のファイルをコピーしています...
iContacts 文書管理のファイルをコピーしています...
iContacts 電子メールのファイルをコピーしています...

========== iContacts for Mobile インストール終了 ==========




■相互リンク
楽して稼ぐアフィリエイト用テンプレート
eみせ楽園ドットコム
☆楽して稼ぐアフィリエイト用テンプレートで、日に16万円!
eみせホームドットコム
eみせPCドットコム
eみせお得ドットコム
ワクワクドキドキして儲かるアフィリエイトで稼ぐ

画像をクリックすれば購入できます







弊社製品に関するご質問・ご意見・ご要望がありましたら、[お問い合わせ]のページを御覧ください。
お気軽にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

記載された社名、製品名および画像は、各社の商標または登録商標です。

Copyright(C) 2017〜 簡単で、便利なグループウェアソフトContacts Office Ver.1を紹介!!
Nihon Quality Soft. Ltd. Corp. All Rights Reserved