モバイル版のプレリリース

New!!楽して稼ぐアフィリエイト用テンプレート 「金持ち小父さんの挑戦」 eみせホームドットコム
日本初の簡単に大規模アフィリエイト・オンラインショップをオープンするためのテンプレートのご紹介! 小父さんがインターネットでタダで稼ぐいろんな方法を紹介する。 ネットでホーム日用品をアフィリエイトでご紹介!欲しい商品を楽しくショッピングしてゲットしちゃおう!
こちらも訪問してくださいネm(__)m! Ads by 管理人

「成功の法則」とは?
TopProductsPrice & OrderSupportDownloadQuestionOnline Demo


はじめに
FAQ 一覧
トラブルシューティング
簡易マニュアル一覧
 




インストール後の設定

基本操作・設定方法
 ・電子会議室
 ・予定表
 ・施設予約
 ・伝言板
 ・掲示板
 ・連絡帳
 ・お気に入り
 ・行動帳
 ・文書管理
 ・電子メール

その他の使用方法
 ・バックアップと復元
 ・登録暗号キー設定
 ・特権パスワード削除
 ・スクリプトの置換
 

  サポート - 簡易マニュアル ( インストール後の設定 )


  • Contacts Office製品「インストール後の設定」の簡易マニュアルです。
    このページを更新して充実したものにして参りたいと考えております。最新の内容は、こちらをご参照いただきますようよろしくお願い致します。
    まだ、ご購入を検討中のお客様は、こちらをご覧ください。
    また、製品情報を一読されましたら、各アプリケーション製品の特徴をご理解いただけると思います。
  • Contacts Office製品のインストール直後の、日常運用の前に行うべき基本設定の手順については、下記のようになります。
 特権パスワードの設定を行う

インストール直後に、admin/adminのユーザIDおよびパスワードでログインして、システム保守の「保守用特権パスワードの登録」で、特権パスワードを登録します。
インストール直後は、特権パスワードの入力は求められますが、何も入力しないでもシステム保守に分岐できます。

各アプリケーションの[設定]をクリックすると、特権パスワードの入力が求められます。そのとき、ここで登録した特権パスワードを入力して設定の処理に入ることができます。

通常、各アプリケーションを使用時に、特権パスワードを入力して受け付けられると、クッキーに有効期限内の間(1週間に設定)保存されます。
特権パスワードが求められるところは、システムで自動判別してログインユーザーの認証情報がクッキーの内容と一致していれば、特権パスワード入力画面をスキップして設定処理に入ることが可能です。
しかし、他のユーザIDでログインした場合やクッキーの有効期限が切れた場合は、再度入力が求められます。

 登録キーの設定を行う

先に、登録キーに対応した登録暗号キー(32桁のキーで、「登録キー証明書」に記載)を、シェルスクリプトの ct1register(登録暗号キー設定を参照) を使って登録してください。

次に、システム保守の「登録キーの設定」で、ご購入になった製品に対応する登録キー(16桁のキーで、「登録キー証明書」に記載)を登録します。

 組織情報の登録を行う

この後は、システム保守メニューの上から順に登録します。まず、最初にページのヘッダーの右端に表示する組織情報を登録します。

 グループの登録を行う

Contacts Officeは、組織や団体など所属グループ毎に情報を管理することができるようになっております。
下記のアプリケーションでグループ単位の管理を行っています。
電子会議室、予定表、伝言板、掲示板、お気に入り など

一人のユーザーが複数のグループに所属することができます。
この目的のために、システム保守の「グループの登録」でグループの登録を行います。グループは会社の職制だけでなく、任意の単位で登録することができます。

 ユーザの登録を行う

Contacts Officeは、基本的に登録ユーザーでなければ利用できないようになっております。利用するユーザーは、必ず登録しましょう。

システム保守の「ユーザの登録」で、ユーザーを登録します。

ユーザIDは、システム全体で重複しないように、入力する必要があります。

所属部署を所属グループのリストに登録することにより、そのユーザーは該当の所属グループのメンバーとして、各アプリケーションで、所属グループの情報を閲覧したり、例えば他のメンバーの予定を登録するようなことができるようになります。

ここで登録したユーザIDおよびパスワードは、電子メールのアカウントにも流用されます。もちろんアカウントは別に設定することも可能です。(「電子メール」の[設定])

登録したユーザーの中には、2つの特殊ユーザーが存在します。
一つは、「特権パスワードの設定を行う」で述べたadminユーザーです。このユーザーのユーザIDおよびパスワードは、admin/adminで固定です。インストール直後には実際のユーザーは登録していませんので、ログインする手段が必要ですが、adminユーザーがこれに該当します。インストール時に自動的に登録されます。

もう一つは、ユーザIDが guest の登録ユーザーです。
このユーザーは正規のユーザーとして、「ユーザの登録」で登録できます。
通常の登録ユーザーと異なるのは、アクセス権が制限されることです。例えば、ユーザー個人で使用する行動帳や電子メールなどは使用できません。グループ管理の予定表や伝言板リストには、guest ユーザーは表示されません。また、更新処理などは、細部に渡って制限されています。

具体的には、システム保守の「アクセス権の設定」で各アプリケーションの正規ユーザー(ユーザIDがguest以外のユーザーのことを呼ぶ)とguestユーザーに分けてアクセス権を設定します。

 その他の設定を行う

各アプリケーション(例:予定表、伝言板など)の一覧表で、ユーザーの表示順位を使用します。
表示順位を「ユーザ登録」で設定します。
例えば会社組織では、部長=10,課長=20,主任=30, ... などと指定すると役職順に表示が可能になります。詳しくは、実際にはログインユーザー本人→表示順位順→名前かな(表示順位が指定されていないユーザーの場合)の順で表示されます。

メールサーバー名を設定します。
電子メールおよび伝言板でメールを使用するために、メールサーバーを指定する必要があります。
電子メールの[設定]で、メールサーバー名を指定します。
この[設定]で、同時に各ユーザーのアカウントを登録することができます。

  

以上が、基本設定項目です。あとは、運用に応じてシステム保守および各アプリケーションの設定で、システムの各変数を適切に設定してください。

それでは、Contacts Officeをご活用ください。




■相互リンク
楽して稼ぐアフィリエイト用テンプレート
eみせ楽園ドットコム
☆楽して稼ぐアフィリエイト用テンプレートで、日に16万円!
eみせホームドットコム
eみせPCドットコム
eみせお得ドットコム
ワクワクドキドキして儲かるアフィリエイトで稼ぐ

画像をクリックすれば購入できます







弊社製品に関するご質問・ご意見・ご要望がありましたら、[お問い合わせ]のページを御覧ください。
お気軽にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

記載された社名、製品名および画像は、各社の商標または登録商標です。

Copyright(C) 2021〜 簡単で、便利なグループウェアソフトContacts Office Ver.1を紹介!!
Nihon Quality Soft. Ltd. Corp. All Rights Reserved