モバイル版のプレリリース

New!!楽して稼ぐアフィリエイト用テンプレート 「金持ち小父さんの挑戦」 eみせホームドットコム
日本初の簡単に大規模アフィリエイト・オンラインショップをオープンするためのテンプレートのご紹介! 小父さんがインターネットでタダで稼ぐいろんな方法を紹介する。 ネットでホーム日用品をアフィリエイトでご紹介!欲しい商品を楽しくショッピングしてゲットしちゃおう!
こちらも訪問してくださいネm(__)m! Ads by 管理人

「成功の法則」とは?
TopProductsPrice & OrderSupportDownloadQuestionOnline Demo


はじめに
FAQ 一覧
トラブルシューティング
簡易マニュアル一覧
 




インストール後の設定

基本操作・設定方法
 ・電子会議室
 ・予定表
 ・施設予約
 ・伝言板
 ・掲示板
 ・連絡帳
 ・お気に入り
 ・行動帳
 ・文書管理
 電子メール

その他の使用方法
 ・バックアップと復元
 ・登録暗号キー設定
 ・特権パスワード削除
 ・スクリプトの置換
 

  サポート - 簡易マニュアル ( 電子メール )


  • Contacts Office製品「電子メール」の簡易マニュアルです。
    このページを更新して充実したものにして参りたいと考えております。最新の内容は、こちらをご参照いただきますようよろしくお願い致します。
    まだ、ご購入を検討中のお客様は、こちらをご覧ください。
    また、製品情報を一読されましたら、各アプリケーション製品の特徴をご理解いただけると思います。
  • 以下の説明内容は、アプリケーション( 「電子メール」 )の、[ヘルプ]と同じ内容のものです。



    • 基本設定の登録
      • [設定]で、メール管理の基本設定項目(送受信メールの上限サイズ)を事前に確認します。
      • システムのインストール時には、デフォルト値が登録されます。
      • [設定]での事前の登録は、アクセス権限のあるユーザのみ登録可能です。
      [戻る]
    • メールサーバーの登録
      • [設定]で、送信メールサーバー(SMTP)および受信メールサーバー(POP3)の名前、そのポート番号を、事前に登録します。
        ポート番号が、送信メールサーバー(SMTP)の推奨値:25、受信メールサーバー(POP3)の推奨値:110と異なる場合、ポート番号を指定します。
      • システムのインストール時には、デフォルト値が登録されます。
      • [設定]での事前の登録は、アクセス権限のあるユーザのみ登録可能です。
      [戻る]
    • ユーザのアカウントの登録
      • [設定]で、ユーザのアカウント情報として、E-Mailアドレス、受信メールサーバー(POP3)のアカウントおよびパスワードを、事前に登録します。
        loginユーザは、以上の同じ項目を、メール一覧画面の「ユーザ情報」でも、登録することができます。
        この「設定」での登録は、システム管理者が一括して、ユーザのアカウント情報を登録するときに使用します。
      • システムのインストール時には、デフォルト値が登録されます。
      • [設定]での事前の登録は、アクセス権限のあるユーザのみ登録可能です。
      [戻る]


      図10_1


    • フォルダの登録
      • 上の図10_1の1.の矢印部分をクリックすることにより、フォルダの登録の画面に分岐します。
      • 次の各フォルダに付いては、各ユーザ毎に共通的にシステムで準備します。
        ルート、受信箱、送信箱、送信済み、ゴミ箱
      • これらのフォルダ以外に送受信のフォルダ振り分け(メールの実際の振り分けは、フォルダ移動先の指定で行います)の整理のため、ユーザ毎のフォルダを新規に追加することができます。
      • 送信箱は、メールの作成で、送信後の振り分けフォルダを送信箱に指定したとき、このフォルダに位置付けられます。
        このフォルダにあるメールは、何度でも再送することができます。
      • 送信済みは、メールの作成で、デフォルトで送信後の振り分け先になります。(変更も可能です)
      • ゴミ箱は、「詳細表示」(後述)でメールをゴミ箱指定したとき、いったんゴミ箱に格納されます。削除を選択すると、無条件に削除されます。
      • フォルダは、システムで事前に準備したフォルダ→それ以外(それ以外は名前順)の順で表示されます。
      [戻る]
    • メールの送信
      • 上の図10_1の2.の矢印部分をクリックすることにより、メールの送信の画面に分岐します。
      • 送信または受信したメールは、上の図10_1の更新日時の部分のように、更新日時の降順に表示されます。
      • 上の図10_1の件名の部分をクリックすることにより、既存の受信メールに対して、下記の操作が行えます。
        返信、全員へ返信(受信メールの宛先の全員へ返信)、転送、再送(送信箱にある送信メール(前述))
      • CC、BCCの指定もできます。宛先の指定は、複数アドレスの指定が可能です(「;」、「,」で区切る)。
      • 既存のメール送信のときは、最初にメールの照会画面が表示されますので、そのメールを前記の返信指示と同じように、削除を行うことができます。
      • 添付ファイルも1送信メールについて最高5個まで添付できます。内部的にはBase64エンコードしています。
      • メール送信および保存時に、半角カナは全角カナに変換しています。
      [戻る]
    • メールの受信
      • 上の図10_1の3.の矢印部分をクリックすることにより、受信メールサーバー(POP3)から、受信メールを受信します。
        受信後は、メール一覧に受信日時の降順に表示されます。
      • 受信したメールは、受信メールサーバーに残しておいたり、削除することができます。(後述の「ユーザ情報」を参照)
      • 受信したメールは、受信メールサーバーに残しておいても、システムに保存されている限り二重チェックをかけていますので、次回以降の受信で取り込まれることはありません。
        本システムで削除されていて、受信メールサーバーに残っていれば、再度受信できます。
      • 上の図10_1の件名の部分をクリックすることにより、受信メールの照会を行うことができます。メールのエンベローブ(ヘッダー部)も、ボタンの切替え操作で参照することができます。Receive等の詳細を知るのに役に立ちます。
      • 送受信メールの内容照会で、E-Mailアドレス、URLについては、リンクしていますので、本メーラーまたはクラインアント側のメーラー(後述の「ユーザ情報」を参照)の起動、および該当のサイトの参照ができます。
      • 添付ファイルを添付しているメールの受信も、可能です。受信のときは添付数は制限無しです。
      [戻る]
    • フォルダの展開および非展開
      • 上の図10_1の4.の矢印部分をクリックすることにより、フォルダの表示を全展開または非展開のツリー表示に切替えることができます。全展開したときは、図10_2の4.の矢印部分のように表示されます。
      • (図10_2の4.の矢印部分)やをクリックすることにより、フォルダ単位でツリー表示を展開したり非展開したりできます。
      [戻る]
    • 詳細メールの表示
      • 上の図10_1の5.の矢印部分をクリックすることにより、現在のフォルダのメールの詳細表示一覧画面へ分岐します。
      • 詳細表示一覧画面では、メール一覧と同じメールを、同じ順で表示します。「メール内容の表示」を切替えることにより、本文記事を表示しながら一覧を参照できます。
      • 現在のフォルダを選択することにより、あちこちフォルダを移動することができるため、メール一覧に戻ってフォルダを切替える必要がありません。
      • 表示のメール一覧には、先頭にチェックボックスが付いています。該当のメールに対してチェックすることにより、下記の操作を各メール毎に行うことができます。
        既読[]、未読[]、ゴミ箱[]、削除、指定フォルダへ移動(プルダウンメニューで選択)
        既読の状態は、受信メールが[]、送信メールが[]のように表示されます。
      • 表示のメールに、添付ファイルが添付されている場合も一覧表示されるので、添付ファイルをクリックすることにより(MIME形式を考慮)、例えばWord文書を開いて参照ことができます。
      • 詳細は、該当の画面を参照してください。
      [戻る]
    • 最新メールの表示
      • 上の図10_1の6.の矢印部分をクリックすることにより、全メールに対して最新のメール順でメールを表示する、最新メール画面へ分岐します。
      • あちこちのフォルダにメールを振り分けている場合に、全てのフォルダを対象に最新日時順に送受信メールを表示しますので、参照したいメールを探すときに役に立ちます。
      • 「メール内容の表示」を切替えることにより、本文記事を表示しながら一覧を参照できます。
      [戻る]
    • ユーザ情報の設定
      • 上の図10_1の7.の矢印部分をクリックすることにより、loginユーザのアカウントなどの設定を行う、ユーザ情報画面へ分岐します。
      • 当ユーザのアカウント情報など、下記のような項目に対して設定します。
        メールで使用する名前、E-Mailアドレス、アカウント、パスワード
      • ちなみに、このアカウントおよびパスワードは、未登録時は、loginユーザのユーザIDおよびパスワードを使用します(「システム保守」で設定)。
        ここで、アカウントを独自に登録して使用することもできます。
        パスワードは、MD5で暗号化して登録されています。したがって初期表示時はブランクで表示されます。更新する場合は、パスワードを入力して、同時に「パスワードを更新する」をチェックしてください。
      • 送信メールにつける署名を登録することができます。
      • 下記のその他の設定を行うことができます。
        1.「受信後のメールをサーバーに残す」
        2.「メールのリンクにこのWebメーラーを使用するか、クライアント側のメーラー(たとえば、Outlook Expressなど)を使用するか」
        この場合は、次のセション(サーバへの接続)から適用されます。現在表示されている画面で、切替え後のメーラーを使用する場合はブラウザの更新をクリックして画面を更新してください。
        このWebメーラーを使用した後、他のサブシステムの元の処理に戻る場合は、ブラウザの「戻る」をクリックしてください。
        3.「1ページの最大表示件数」
      [戻る]
    • メールの検索
      • 上の図10_1の8.の矢印部分をクリックすることにより、検索条件を指定して、メールの検索を行う、検索画面へ分岐します。
      • 検索条件として、下記のような項目を指定できます。
        検索文字列(スペースで区切ってANDまたはOR検索が可能)、期間、フォルダ
      • 検索対象として、下記のような項目を指定できます。
        件名、送信者、宛先、Cc、本文
      • 同じく検索対象として、下記のような項目も指定できます。
        全て、受信メール、送信メール、検索対象件数
      • デフォルトで、最初に期間日付を今日日付、検索対象のCcおよび本文をオフにしてあります。
        サーバーの負荷がかからないように、なるべく検索条件を細かく指定するようにしてください。
      [戻る]


      図10_2


    • 件名の表示
      • 件名(図10_2の1.の矢印部分)の表示順は、現在のフォルダのメールに対して、受信日時の最新日時順に表示します。
      [戻る]
    • 受信日時および送信者の表示
      • 受信日時および送信者(図10_2の2.の矢印部分)の表示は、受信日時、送信者を表示します。
        ただし、送信メールの場合、現在のフォルダが送受信メール混在のとき(たとえば、ユーザ作成フォルダやゴミ箱など)、送信者欄には宛先を表示します。
        送信者欄は、一定の長さで文字をカット表示しています。
      [戻る]
    • 添付の表示
      • 添付ファイル(図10_2の3.の矢印部分)を、メール作成時に指定した場合や、受信メールに添付されている場合など、添付ファイルの有無を、イメージで明細に表示します。
      • 添付ファイルの内容は、詳細表示画面(図10_1の5.の矢印部分)で閲覧できます。
      [戻る]


    • MIME形式の件
      • 受信メールの宛先や、件名に対して、日本語使用ができるように、MIMEエンコードしています。
      [戻る]
    • 添付ファイルのエンコード
      • 送信メールの添付ファイルは、Base64エンコードしています。
      • 受信メールの添付ファイルは、Base64やquoted-printableエンコードに対応しています。
      [戻る]





■相互リンク
楽して稼ぐアフィリエイト用テンプレート
eみせ楽園ドットコム
☆楽して稼ぐアフィリエイト用テンプレートで、日に16万円!
eみせホームドットコム
eみせPCドットコム
eみせお得ドットコム
ワクワクドキドキして儲かるアフィリエイトで稼ぐ

画像をクリックすれば購入できます







弊社製品に関するご質問・ご意見・ご要望がありましたら、[お問い合わせ]のページを御覧ください。
お気軽にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

記載された社名、製品名および画像は、各社の商標または登録商標です。

Copyright(C) 2021〜 簡単で、便利なグループウェアソフトContacts Office Ver.1を紹介!!
Nihon Quality Soft. Ltd. Corp. All Rights Reserved